家は賃貸と購入 どちらがお得?

新築一戸建てのマイホームを買うのと、賃貸に住み続けるのとでは、どちらがお得なのでしょうか?結論から言いますと、条件次第で答えが変わってくるので、どちらとも言えないが答えになります。

と言うのは、不動産価格の変動、家賃の変動、強いては日本経済の今後など、先の見通しがつかない要素がいくつもあり、今後のことについては誰も分からないからです。

とはいえ、ある程度の条件を想定して、新築一戸建てを購入した方がいいのか、賃貸にしたらいいのかは割り出すことは出来ます。

まず以下の状況の場合、新築一戸建てを購入するとお得です。

例えば、多めに手持ち資金があり、住宅ローンが少なくてすむ方、ローンを借りた場合20年以内で返せる方、またローンを払い終えた後もずっと同じ家に住む予定の方、今借りている家の家賃が将来的にかなり上がると考えられる場合などです。

このような条件に合う方は、積極的に新築一戸建ての購入を考えると良いでしょう。

購入するにあたってそのメリットは、老後の住宅に関する不安が軽減されること、賃貸物件よりも選択肢が多いこと、将来子供に残すことが出来ること、家があることで社会的信用が上がる、自分好みの内装やリフォームをすることが出来ること、場合によっては他人に貸して賃貸収入を得ることが出来るという点などもあります。

賃貸がお得な場合は以下の条件の場合です。

例えば、転勤などで一か所にとどまれないお仕事をしている、またいずれは故郷に戻り、親と同居する予定、また家族構成が変わる可能性がある、もしくは離婚する可能性が少なからずあるなどです。

新築一戸建て専門家